ダイエット

20代前半までは食事制限をしない方がいい3つの理由

20代前半までは食事制限をしない方がいい3つの理由

若い時や成長期から食事制限によるダイエットをしてしまうと様々なリスクがあります

1、骨が弱くなる
成長期に栄養が不足していると骨が弱くなります
若い時の無理な食事制限は将来の骨粗鬆症の元です

2、筋肉が少なくなる
栄養を意識しないダイエットをすると筋肉が減ります
将来基礎代謝が下がり太りやすくなったり
老後に歩けなくなるリスクも高まります

3、省エネボディになる
成長期に栄養不足だと身体は省エネ状態が基本になります
すると30代~40代となった時に痩せにくく太りやすい身体になってしまいます

若い人がやるべきなのは
揚物や炒め物等の脂質の多すぎるもの
お菓子やジュースなど糖質、脂質で構成されたものを減らし
バランスよくしっかり食べる

そして成長期が終わったら筋トレをすると
将来体型で困る可能性が低くなります

10代~20代前の方は過度な食事制限はせず
少しバランスを良くして運動がおすすめです

お問合わせはこちら
お問合わせはこちら