コンデション

食生活と時間

一見関係なさそうに見えますが、時間を大切にしようと思うと食事のコントロールはした方がいいです。

人生起きて活動出来る時間は限られています。

限られた時間の中で、二日酔いや食べ過ぎによる眠気などで明瞭な時間を奪われてしまうのはもったいない。

夜の食べ過ぎは睡眠が浅くなり、翌日のコンディションに響きます。

糖質過多の食事は眠気を起こしたり、血糖値の乱高下はメンタルのぐらつきに繋がり大切な時間奪われてしまいます。

食物繊維の不足で便通が悪くなればトイレに行く時間が無駄になる場合も

限られた時間を有効に使うには、アルコールは控え目に、お腹は7分目、ゆっくりよく噛んで消化を助け、バランス良く食べる。

暴飲暴食している人と食事をコントロールする人では健康寿命の差はもちろん、1日の有効に使える時間にも差が出ます!

食事をコントロールすることで朝シャキッと起きれば、勉強や趣味やスポーツをする時間を作れます

限られた人生だから、1分1秒大切にするために食事をコントロールして、コンディションの良い状態でどれだけ活動出来るか意識するのはいかがでしょうか?

お問合わせはこちら
お問合わせはこちら