コンデション

疲れたら甘いもの?

疲れたら甘いもの?

頭を使って疲れたから甘いものを食べてませんか?

ドラマとかでも頭を使ったからお砂糖たっぷりのコーヒーみたいなのよく見ますよね

糖質は確かに脳で使われますが糖質の摂りすぎは、血糖値の急激な上下による眠気やイライラら、空腹感といったコンディションの低下や肥満や糖尿病のリスクにも繋がります

実は脳のエネルギーは糖質の他にもあります

脂質から生成されるケトン体です

糖自体もアミノ酸を肝臓で作り替える糖新生を行う事で必要量は維持出来ます

なので、甘いもの食べてないから低血糖を起こしたりする事はまずありません

逆に、身体の中では作れない必須脂肪酸や必須アミノ酸足りていない事で疲れを感じている可能性があります

睡眠はとっているのにボーッとしたり、集中力がなくなってしまう方は必須脂肪酸と必須アミノ酸を摂り、甘いものは控えた方がいいですよ

オススメなのは青魚(サバ、アジ、ブリ等)

必須脂肪酸と必須アミノ酸を同時に摂れます

糖質のコントロールは、痩せるだけでなく人間本来のコンディションを取り戻すのにも有効です

お問合わせはこちら
お問合わせはこちら