ダイエット

少しでも良い食事を

外食などで選択肢が少ないとき意識するといいのが、料理法と食材の加工度合い

料理法は焼く、蒸す、煮る等のシンプルなものを選びましょう

炒め物や揚げ物は脂質が多くなります!

ここまではよく言われていることなので、今日はもう少し

食材の加工度合いも気にしてみて下さい!

例えば

お肉
挽肉→肉(出来れば赤身)
挽肉のが脂質が多いです

主食
粉もの→お米(玄米)
炭水化物も加工されているものの方が吸収が早く身体に負担がかかります

汁物
とろみがありクリーミー→さらさら透明
基本的に透明なスープの方がカロリーは低いです

野菜
細かく刻んだもの→ゴロゴロ大きいカット
ドレッシング等かけたり、炒めた時に細かく刻んだものは面積が増えるので脂質をよく吸いカロリーが高くなります

スイーツ
小麦粉、バター、クリーム→果物、和菓子
そもそも避けた方がいいですが(笑)脂質+糖質は太りやすいです。せめて糖質のみで

具体例を出すと

ハンバーグよりステーキ
パンよりおにぎり
コーンポタージュよりオニオンスープ
普通のカレーよりスープカレー
マックのポテトよりフレッシュネスバーガーのポテト
ショートケーキよりフルーツタルト

基本的には揚げ物、炒め物は避けた方が良いのですが、外食などでコントロールしにくい時など食材の加工の仕方でカロリーが下がるので少しでもカロリーの低いものを選ぶと良いですよ!

ただし食べ過ぎはもちろんNG

どんなに食材を選んでも消費より多くカロリーをとれば太ります

ちょっとの差ですが毎日気にしていると差が出ます!

お問合わせはこちら
お問合わせはこちら