ダイエット

タンパク質は多すぎても少なすぎてもダメ

タンパク質は多すぎても少なすぎてもダメ

ダイエットの為でも健康の為でもタンパク質の量のコントロールが重要です

タンパク質の過多は
消化器官への負担が大きく
タンパク質過多方は寿命すら短くなります
食べ過ぎのカロリーオーバーは肥満にも繋がります

タンパク質不足は
栄養不足による食欲の増進
身体を構成する栄養の不足による
様々な病気のリスクがあります

タンパク質は基本的には1日
体重×1g

筋トレをする日は
体重×2g

1食辺り
男性30g
女性25g

が目安になります

ダイエット中、低糖質であろうが低カロリーであろうがタンパク質を適量食べる事は必須です

ダイエット方法を選ぶ時にはタンパク質不足になるものを選んではいけません

適量タンパク質を食べ出来る事なら筋トレをして痩せるのではなく身体を作り変える意識が大切です

お問合わせはこちら
お問合わせはこちら